知識があれば、行動は変わる

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

突然体調が悪くなったりする時、医者と医者でない人の対応は全然違う。

 

医者でない人の場合、初めて体験する症状が一体どういう状況なのか、まるで分からないので、慌てふためくと言うことが起る。

 

命に何の別状もないような症状でも、命に関わるんじゃないかと思いこんだり、逆に命に関わるようなモノであっても、問題ないと考えて後々で大事になったりする。

 

しかし医者の場合、初めての症状が出ても、慌てふためかないだろう。

 

というのも自分の症状を客観的に捉え、それが命に関わるかどうか、緊急性も大まかに分かるし、何をすればいいのかも分かるからだ。

 

この差はいったいなんなのか?それは自分に起ったことを客観的に見ることが出来て、それに対する知識や対処法を知っているかどうかってだけだ。

 

つまりあがり症赤面症の場合も同じで、自分のあがっている度合いを数値化したり、言葉にして表現してみることによって現状を把握すればよい。

 



自分のアガリ具合に点数をつけて客観視する

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

医者が初めて体験する症状に慌てふためかないように、あがっている自分を客観視し、どうすればよいかどうすることにするか、あらかじめ決めておけば、それだけでも態度は変わってくる。

 

要するに、自分の心に余裕ができるわけだね。

 

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」なんて言うが、敵がどういうものであるか知らなければ、余計な事ばかり考えてしまって、どうしようもなくなる。

 

なので、極度に緊張したりあがったりする人でも、とにかくそれを怖れないことが大事だろう。

 

緊張してあがっても、死ぬ人なんかいないだろうし。

 

そして緊張したりあがるというのは、「失敗するかも」という恐れを抱えているからで、「失敗したらしゃーない」「失敗したら次で挽回すればいいや」とあきらめてしまえば、それ以上の緊張状態にはならない。

 

自分の緊張状態を0から100に数値化してみれば、だんだん緊張の度合いや、あがっている度合いがわかってくる。

 

もちろん最初は、あがっている最中にそんなことは考えられないから、あとで点数をつけて数値化してみればいい。

 

昨日のは90くらいだったかな、今日のは80だったかな。

 

そんな風に、自分の緊張の度合いを数値にしてメモしていけば、客観視するということもだんだんできるようになってくハズ。

 

以前、テレビ番組で、恐怖症の直し方として、怖さの度合いを点数化しとにかく5分間だけがマンするという方法を紹介していたが、そうして数値化することによって、自分をメタ認知できるようになるわけだ。


広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKAZEN マリアップ