挨拶は会話の第一歩

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

モテる会話のためには、まず自由に思ったことが話せないと行けない。

 

会話術を先にいくら学んでも、人前に出たらあがってしまって思った通りに話せないなら、会話術の使いようがない。

 

なのでまず「あがる原因」を探り、あがる原因をできるだけ取り除く

 

また大勢の前で話すことを想定して、人通りの多い場所で多くの人と正対し人に慣れるトレーニングをする

 

そしてまた、話すためには声が必要となるので、発声練習や読経などをして、しっかり声が出るようにする

 

ここまではまず、会話をするための超基礎トレーニングって事になる。

 

ただこれだけ練習したところで、モテる会話どころか会話すら始まらない。

 

会話を始めるには、まず挨拶。

 

どうやって声をかけるかだ。

 

そして初対面の場合は、自己紹介が必要で、一発で自分のことを覚えてもらわないといけない。

 

モテる男というのは、その辺がまず確立されている。

 



自分のことを一言で言うと?

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

会話を始める第一歩は、挨拶

 

いきなり要件をベラベラしゃべり出すと、ただの変質者になってしまう。

 

なので会話を始めるには、挨拶から入り、初対面の場合は自己紹介も添える必要がある。

 

挨拶や自己紹介とは、会話を始めるための儀式ようなものであり、中国武術などで言う「開門」のための技術だ。

 

開門とは、もちろん門を開くって事だけれど、中国武術などでは、相手のガードを外すって事を意味する

 

人間というのは、自己防衛本能というのを持っているので、誰かに話しかけられた場合、その人と話すかどうか、考える。

 

話すかどうか、どの程度話すか、その当たりを判断して話す。

 

誰とでも話せる人というのは例外的だし、滅多にいない。

 

なので他人と話を始めるには、話す相手のガードをうまく外してリラックスしてもらわないと行けないわけだ。

 

そのために必要なのが、挨拶であり、自己紹介って事だ。

 

なので挨拶や自己紹介のパターンを何通りか準備して、練習しておく必要がある

 

どういう場合に、どういう挨拶をすればいいのか、そのときにどういう顔で挨拶すればよいのか、その当たりを十分に研究しておく必要がある。

 

女性は2秒で男性を「恋愛対象」「便利な知り合い」「その他」と言う風に男を仕分けると言うが、それでもとにかく覚えてもらえるような、印象的な自己紹介がないか、常日頃から見つけておくと良い。

 

そして毎日、暇があったら鏡なども使って、自己紹介の練習などもしておく必要があるだろう。


広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKAZEN マリアップ