「あがる時」と「あがらない時」の違いを見つけろ

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

モテる会話術を学ぶ前に、まず人前でしっかりしゃべれるようになるのが先決だ。

 

人前であがっていては、会話どころじゃない。

 

話しかけたい人の前で、ただ緊張して突っ立っているだけでは、モテようがない。

 

なのでまず、人前で普通に話せると言うことから練習していく必要がある。

 

じゃあ、あがるって何だ?緊張するのはなぜだ?それを突き止めるには、自分がどういう状況であがるのか、どういう状況ではあがらないのか、それをノートに書き出してみよう。

 

  • 自分があがる状況
  • 自分があがらない状況
これらを書き出して比べてみたとき、自分があがる原因が見えてくるはず。

 

たとえば普段、顔を合わす様々な人を全部書き出して、その人と話すときに、あがるかどうかを書き出してみる。

 

親と話す時は、あがるかどうか。

 

兄弟と話す時はあがるかどうか。

 

近所の人とはどうか。

 

学校や職場の同輩・同僚とではどうか。

 

先生や上司、先輩や後輩、趣味の集まりではどうか。

 

あがる時とあがらない時があるなら、その違いは一体何か

 

これを書き出して眺めてみるだけでも、自分の症状が分かるはずだ。

 



モテない男が「あがる」原因は、怖れ

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

あがる原因やシチュエーションというのは、人によって千差万別だろう。

 

ただ、あがる原因やシチュエーションというのには、一定のパターンがあることも確かだ。

 

たとえば家でピアノを弾いている時はあがらないが、友達の前や演奏会でピアノを弾く時は、あがる。

 

友達と話すのには何の苦労もないのに、友達の前でピアノを弾くのは緊張するし、あがる。

 

こういう場合は「自分のピアノ演奏に対する、他人の評価」が気になってあがるわけだね。

 

自分の好きなようにピアノを弾いている時は、別にそんなことは考えないから緊張もしないし、あがらない。

 

友達にほめてもらいたいけど、ほめてもらえないかも知れない。

 

そういう心の中の葛藤が、実は緊張を生んであがりを生むわけだ。

 

スポーツなんかでも、優勝がかかると緊張して、とんでもないエラーをしでかしたりする。

 

優勝が目前に迫ると、優勝するだけの実力と勢いがあるのに初心者が犯すような、初歩的なミスを犯したりする。

 

優勝がかかっていない試合なら、普通にプレーができるのに優勝がかかると「失敗できない」と思って緊張して失敗するわけだ。

 

つまり人前で緊張したりあがったりするってことは、自分が何かを怖れているって事であって、怖れていることが何かってことを突き止めればいい

 

原因が分かれば、対処の仕様もあると言うものだから。

 

NEXT:モテる男は呼吸が深い


会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック楽天オーネット チャンステスト
穴場2