モテる格好とは、かなり地味な格好

更新日:

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

モテるには、ファッションも重要だ。

 

モテるファッションとは、流行を追わない、落ち着いた、カジュアルな格好だ

 

  • 白か明るい色のシャツ
  • 黒か茶色の上着
  • 茶色かグレーのズボン
  • 黒か茶色の靴
…なんて格好だと思えばいい。

 

モテるファッションとは、最先端のファッションではなく、実は、最大公約数的シンプル・ファッションなのだ。

 

女性というのはファッションに敏感だから、モテるには、どうしてもカラフルな目立つ格好をしたくなるものだが、実はこれが落とし穴で、女性から見ると近づきたくない格好になる。

 

というのも配色の知識がないのに、カラフルなアイテムをいくつも組み合わせると、モテない男に良くある、怪しいファッションになってしまうからだ。

 

実は色の組み合わせほど難しいモノはない

 

色彩検定などでは、3級で2色の配色を、2級で3つの色の配色を学ぶのだけれど、使う色の数が多くなればなるほど、上手に配色するのは、何十倍も難しくなる

 

そんなのは、プロでもないと上手くコーディネートできないだろう。

 


自然な香りが長持ちする香水クリーム

NULL香水クリーム


女性は色に敏感だから、シンプルに

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

女性は男性よりも、色彩に対して敏感だ

 

というのも遺伝子レベルで、男より敏感にできているのだ。

 

だからこそ、赤ん坊のちょっとした変化や、男の浮気など、気づくはずの無いようなことでも気が付いてしまうのだ。

 

なので男が生半可な知識で色を組み合わせたり、カラフルな柄物の服を重ね着たりしたら、すぐに怪しいファッションに見えてしまう。

 

暖色系の色と寒色系の色は、混ぜ方によっては異様な感じになるし、比較的無難な同系統の色合いの組み合わせの場合でも、明度差を意識しないと、重いダサい格好になってしまう。

 

たとえば内側に着るシャツは明るい色、外側に着る上着は暗めの色にしないと重い。

 

そういう風に、シンプル・ファッションでも、いろいろルールがあるのだ。

 

もう少し書いておくと…ズボンの色は上着と同色か、上着より薄い色にするとよい。

 

というのも逆に、トップスを薄い色、ボトムスが濃い色にすると、色彩効果で、何となく重たい感じになってしまうから避ける。

 

色の系統も、青、グレー、茶色のいずれかの系統に揃える

 

ジーンズなら、同じ様な青系統で揃える。

 

グレーの上着なら、グレーのズボンで合わす。

 

黒の上着は、ある意味万能だが、そのときはシャツとズボンの色に気を付ける。

 

靴下はシャツの色に近い色なら良いが、ビジネス用の黒い靴下はダメ。

 

…といったところか。

 

花束を持ったり、胸ポケットに花を差したときに、それが綺麗に目立つような格好だと思えばいい


スポンサーリンク

Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


街コン、婚活、出会い

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

参加チケット購入_趣味コン

参加チケット購入_趣味コン

田村淳プロデュースの結婚相談所

マスクdeお見合い

女性にモテる(かもしれない)香水

GALLEIDO ガレイド・プレミアム・パルファム

歯科医のホワイトニング

スターホワイトニング

自然な香りが長持ちする香水クリーム

NULL香水クリーム

オタク男女専門の婚活

ヲタ婚

ぽっちゃり女性専門の婚活

ぽちゃ婚