お坊さんの善し悪しは、声で決まる

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

お坊さんの善し悪しは、声で決まるという。

 

響く良い声を持っていれば、それだけで人の心は安定するし、話を聞こうという気にもなる。

 

ところが不安定な声では聞くモノが不安になる。

 

親が動転していると子供も不安に思う、と言うような事が起こる。

 

だからモテたいと思うなら、まず声を磨くことから始めるべきだ。

 

と言うのも人間というのは、男女にかかわらず、たいていの場合、自分の話を聞いて欲しいものだけれど、その話し相手は、落ち着いた人間でないといけない。

 

自分の話を聞いてくれない人間や、いちいち細かく反論したり主張してくるような相手では、安心して話すことができない。

 

モテる人間になるためには、小さな子供の話を聞くように、相手を安心させて、ゆったりとした表情で話を聞かないと。

 

それには自分の心の安定と、相手を安心させる声が必要になる。

 

そのためには坊さんのように、読経などによって声を作る必要がある。

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

読経で腹から声を出す練習をする

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

モテるための声を作るには、とにかく発声練習が必要だ。

 

だから読経でなくても、カラオケでも構わない。

 

ただ、歌を歌うための練習ではないので、ゆったりとした低音を出すことを心がけて、繰り返し繰り返し練習する必要がある。

 

たとえばよく使われるのが、般若心経とか真言の読経など。

 

宗派によっては念仏(南無阿弥陀仏)やお題目(南無妙法蓮華経)を唱えても良いし、お経が嫌いな人は、短めの歌でも良いと思う。

 

ただその場合は、「ざじずぜそ」「だぢづでど」などの、濁音や「ん」の音がたくさん入っているモノを選ぶと、腹に力が入って良い。

 

真言を試してみるなら、短めの光明真言というやつはどうか。

 

★光明真言「おん・あぼきゃーべい・ろしゃのー・まかぼだら・まにはんどま・じんばら・はらばりたや・うん」※好きなだけ何度でも唱えればよい。

 

★十三佛真言などの読経「ノウマク・サマンダ・バザラダン・センダマカロシャダ・ソワタヤ・ウンタラタ・カンマン」仏壇屋に行けば、十三佛真言などは普通に売っている。

 

★楽天市場で「十三佛真言」を捜す★


広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加


マリアップ