オウム返しも意味がある。

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

質問法にも様々な方法がある。

 

「はい・いいえで答える質問」をCQ「はい・いいえ以外で答える質問を」OQという

 

CQとはクローズド・クエスチョン、OQとはオープン・クエスチョンの略である。

 

CQには「はい・いいえ」でなくても、答え方が限定されるような質問も含むのだが、この他にもマイナーだが、フィードバック・クエスチョン(FBQ)やバトンタッチ・クエスチョン(BTQ)と言う質問法もある。

 

まずフィードバック・クエスチョンとは、相手が言ったことを、別の言葉に代えて質問し直すということだ

 

相手が言ったことがわかりにくかったり、一般的でなかったりした場合、それを分かりやすく、一般的な言葉に直して確認するわけである。

 

FBQをすると、相手は会話や議論に身が入りやすくなる。

 

というのも自分が投げたボールを相手が受け取ってくれて、それを今度はまた自分に返してきてくれたわけだから、次は自分が何か言う番だという気になるからだろう。

 

自分の言ったことが無視されると、話す甲斐が無くなって、口が重くなってしまいかねない。

 

だから言葉を換えずに、ただのオウム返しで質問し返されただけでも「ああ、自分の言ったことを聞いてるんだな」という安心感が生まれる。

 

それに自分が言ったことを、そのままそっくり真似して言い返されたら、なぜだか知らないけど心が動いたり腹が立って、なにかいいたくなるしね。

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

バトンタッチ・クエスチョン

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

FBQ(フィードバック・クエスチョン)は、相手の言ったことを確認する意味もあるが、物事を具体的に掘り下げる質問で、会話を弾ませるためにも使えるだろう。

 

特に相手が関心のあるテーマなら、おそらくはいくらでも話してくれる。

 

またFBQは、PDCAサイクルでも使うことができる。

 

PDCAサイクルというのは、プラン・ドゥ・チェック・アクションという、ビジネスや工学などで使われる作業工程だが、既に何らかの結果が出たことについて、

  • よくできた点は何か。

     

  • それはなぜうまくいったのか。

     

  • 今後も続けた方がよいことは何か。

     

  • うまくいかなかった点は何か。

     

  • それはなぜうまくいかなかったのか。

     

  • 今後やめた方がよいことは何か。

     

  • 今後改善すべき点はどこか。

     

というふうにFBQを投げて考えてみる。

 

基本的には上手くいったことについて考えてみる。

 

一方、バトンタッチ・クエスチョン(BTQ)というのは、対象をドンドン買えていく質問方法だ。

 

Aはどう?Bはどう?Cは?と言う風に質問する。

 

「お寿司にする?カレーにする?中華?」…みたいな感じの質問だと思えばいい。

 

「私は●●だと思うけれど、あなたはどう?」というのもBTQだ。


広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加


マリアップ