声かけ1000人斬りで女性に慣れる

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

水商売のマネージャー出身で、自らもお店を経営したり、女性の多い企業や婚活指導に出向いて女性の扱い方や結婚相手探しを指導されている後藤芳徳さんの著書によると、女性に慣れるには、とにかく経験数が必要だという。

 

そのために指導を受けに来る男性に対して、街で1000人の女性に声をかけて、道を尋ねるという課題を出すんだそうだ。

 

ただ単に道を尋ねるだけだから、そんなので女性に慣れるなんてことができるのか?…とも思うが、1000人も道を尋ねると、最初と最後では全然違って来るという。

 

街で会った女性に声をかけて、道を尋ねると言うだけでも、最初はドキドキしながら声をかけるのだろうが、だんだん声のかけ方がルーティン化して、余裕が出てくる。

 

そうなると声をかける相手の女性の表情から、いつ声をかければよいか見えてくるようになるだろうし、どういう女性なら声をかけやすいか分かってくるはずだ。

 

そうやって「声かけ1000人斬り」が達成される頃になると、女性に声をかけるという事自体が、普通の事になってくるってことらしい。

 



女性を見かけたら必ず声をかけろ(心の中で)

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

声かけ1000人斬りを達成すると、かなりの確率で女性に声をかけるのが苦にならなくなるハズだ。

 

武術でも、同じ動作を1000回以上繰り返す鍛錬というのがあるが、1000回もやると何も考えずに技が出るようになる。

 

合気道なんかだと、一つの技を習得するまでにのべ3万回くらい練習することが必要だと言う。

 

これは合気道の技が結構複雑だからで、声をかけるだけなら1000回も練習すれば十分だろう。

 

ただ、実際にこれを自分の住んでいるところではやりにくい。

 

新人研修の一環だからこそ、頑張ってやれるものだからだ。

 

もし道を尋ねた女性に「なぜ道を尋ねるのか」と不審がられたときに「実は研修で、千人の人に道を尋ねないといけないんです」と答えれば、「ああ、そうなの?」と疑問が解けるので、大丈夫だ。

 

しかしこれを一人で自分の住んでいる街でやろうとすると、変なうわさでも立って変質者扱いを受けかねない。

 

なので街中ですれ違う女性、一人一人の顔や表情を観察して、心の中で挨拶するというのも、良いかも知れない。

 

実際に声に出さなくても、すれ違う女性の様子を観察して、「おはようございます。

 

今日は●●ですね」「こんにちは。

 

今日は●●、どうなさったんですか」などと、心の中で挨拶してみる。

 

これを習慣化するだけでも、女性の表情や服装、持ち物などを観察したり、女性に話しかけるフレーズを考えたり、声をかけるタイミングを考えたり、様々な工夫が思いつく。

 

畳の上の水練ではあっても、頭を使うことであるから、やらないよりははるかに良いはずだ。


広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKAZEN マリアップ