話の持ちネタは1つでいい

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

アルティメット・カンバセーションという人気の会話教材の著者・大谷新司さんによると、多くの会話上達法には、いくつか欠点があると言う。

 

というのも多くの会話教材には、たいてい「話すネタを用意せよ」と書いてあるんだけれど、山ほど話すネタを用意して、それを覚えたのでは、かえって話しづらくなってしまうと言う。

 

なぜかというと、持ちネタがたくさんあると、どれを話して良いのか分からなくなる

 

使える武器は多ければ多いほど有利に思えるけれど、武器を山ほど抱えて身動きできなくなったら話にならない。

 

だから会話を上達させたい初心者は、まず一つの武器から使えるように練習しなければ、結局何にも上達しないって言う事だ。

 

話し上手な人は、受けるネタをたくさん持っている。

 

どんなシチュエーションでも、それに適したネタを持っていて、必ずと言って受けを取る。

 

だからそれを真似て、自分も受けるネタをたくさん用意しようと言うのは、大間違いではないわけだけど、最初からは無理。

 

会話が苦手なら、まず一つだけ持ちネタを作ることから始めよう。

 

★口べたから自らはい上がった男の会話上達法:アルティメット・カンバセーション


自然な香りが長持ちする香水クリーム

NULL香水クリーム


目標を下げて、まず一つ成功させよう

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

口べたな人、会話が下手な人は、会話トレーニングを始めても、すぐに挫折するという。

 

その理由は、「最初から目標が高すぎる」んだという。

 

会話下手、口べたな人は、自分が会話下手だと自覚しているのにも関わらず、ついつい高望みしてしまって、半月もやればもうすぐに誰とでも、ペラペラおしゃべりができるかのように思ってしまう。

 

ところが実は、そんな簡単なもんじゃないんですね、会話術というのは。

 

たとえばテレビでよく見るお笑い芸人・タレントだって、テレビに呼ばれるまで3年や5年はかかっているし、テレビに出るまで10年以上もかかっている人も多い。

 

いわゆる「ひな壇芸人」「ガヤ芸人」「タイコ持ち芸人」という人たちだって、そこまでたどり着くまでに5年や10年かかっているわけです。

 

だから会話教材をひとつ買って、それを1〜2週間練習してみたくらいで、テレビに出ているひな壇芸人のようにしゃべれるなんて、無理なんです。

 

ところがそれが分かっていないから、会話の練習を始めても、すぐにあきらめてしまう。

 

下手だけどやってみる。

 

上手くいくまでやってみる。

 

これが必要なんですけど、その手前で挫折してしまう。

 

何事も基礎練習・基礎トレーニングが絶対必要なんですね。

 

そして目標も段階に分けて、取りあえずこれだけでも達成しようという目標を、上手く設定することが上達の近道って事なんです。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加


街コン、婚活、出会い

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

参加チケット購入_趣味コン

参加チケット購入_趣味コン

田村淳プロデュースの結婚相談所

マスクdeお見合い

女性にモテる(かもしれない)香水

GALLEIDO ガレイド・プレミアム・パルファム

歯科医のホワイトニング

スターホワイトニング

自然な香りが長持ちする香水クリーム

NULL香水クリーム

オタク男女専門の婚活

ヲタ婚

ぽっちゃり女性専門の婚活

ぽちゃ婚