生きている!と感じるのが臨場感

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

話のうまい人は臨場感(りんじょうかん)を大事にする。

 

臨場感というのは、まるでその場にいるかのように、感じると言うことである。

 

野球場にいるような気分、サッカー場にいるような気分、恋愛をしているような気分、戦っているような気分。

 

そういうライブ感がある状態が臨場感の高い状態で、つまり「生きてる!」と感じられる状態だ。

 

脳機能学者の苫米地英人博士の本などを読むと、目標が達成できるかどうかは、臨場感を感じられるかどうかにかかっているという

 

つまりどんな目標を掲げても良いが、その目標を達成したときの臨場感をイメージできれば「自分はできる」と思える。

 

これを「セルフ・エフィカシー」と呼ぶらしい。

 

エフィカシーEfficasyとは、薬などの効き目のことなのだが、「自分に、できそうだな」と感じるのがセルフ・エフィカシーだ。

 

セルフ・エフィカシーができると、成功した状態をイメージできるので、今の自分に足りない要素が何か、具体的に分かって、それを揃えることができる。

 

成功する条件が分かって、それが揃えられるのなら、成功できる確率は高くなるから、成功するのはもう約束されたようなものだろう。

 

会話に関しても、恋愛に関しても、セルフ・エフィカシーができれば、自信も余裕もできるから、成功するのは当然だ。

 

タレントの石田純一さんなどの雰囲気だといえば、何となく分かる。

 

どんな女性が相手でも対処できそう…という感じがある。

 



自分の臨場感に相手を誘う

モテる男,会話,婚活,モテる会話,話し方

臨場感が高いと、自然と心が躍る。

 

心が躍ると、成功するにしても失敗するにしても楽しい

 

ただボンヤリ椅子に座っているだけでも、楽しそうに見える人と、つまらなそうに見える人がいるが、それは心の中の臨場感の高い低いによって決まる。

 

同じ苦しい根気のいる努力であっても、セルフ・エフィカシーができて自分で「できる」と思えば努力も苦ではなくなる。

 

逆に「無理」だと思って同じ事をやれば、全く同じ事をやるだけなのに、やるのが苦になる。

 

スポーツ観戦など、ライブ感のあるところに行くと、心は開放的になって、積極的に行動できるようになるが、あれも結局同じって事だろう。

 

ナンパ教材の音声教材や動画教材などを見ると、基本的にみんな早口で声も大きめで、ドンドン女性に質問したり、からかったりしているが、そうすることによって女性の心拍数を上げて、臨場感を高めているのだとも考えられる。

 

実際、楽しい時と言うのは基本的に心拍数も上がるし、楽しい曲も基本的にアップテンポが多いから、ポンポン質問を投げられたり、からかわれたりすると、女性もそれに反応して、テンポを上げることになるんだろう。

 

また恋愛対象としてみている女性に対しては、恋人関係ない状態でも、まるで恋人同士のような臨場感を作ることによにって、つきあえる確率が高まるという。

 

NEXT:女性と恋愛話・恋バナをする時のコツ


会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック楽天オーネット チャンステスト
穴場2